ごく一部でした

逆援助という言葉も最近ではよく耳にするようになりました。それでも、実際にそれでお金を稼いでいる人はまだまだ少ないようですね ?まず逆援助とは何かということですよね ?援助交際ならば知らない人はいないでしょう。

仕組みは全くそれと同じですが逆援助では男性が女性からお金を受け取ることになります。実際にそんなことってあるの ?そう考える方も多いかもしれません。ところが実際はやはり需要があるからこそ供給があるわけです。以前であればごく一部の優良の神待ち掲示板の女性だけが利用していたこのシステムですが、最近では多くの一般女性が利用するようになってきました。それこそ昔であれば一晩で10万単位のお金を稼ぐことはできましたが、そもそも利用女性の数が少なかったこともあり実際に高額の収入を得られる男性はごく一部でした。

愛人などの契約とちょっと似ているかもしれませんね。昔であればほんとにごく一部の裕福な男性が銀座の高級クラブの女の子を愛人にしたりしていましたが、最近では愛人サイトなどが出来たこともあり一般女性が利用するようになった分男性の経済的な負担は少なくなりましたよね。それとまったく同じことが逆援助でも言えるわけです。

自信をつけてもらおう

「俺は気持ちを押し殺すのが苦手なんだ」
と彼は言います。
その上で、私の色々と‘注文‘らしきことをつけてくるのです。

それは小さな束縛心だったと思います。
2人は、まっすぐに気持ちを傾け合うことが出来ているという気持ちは抱いていましたし
彼に束縛をされるような行動をとっているつもりもありませんでした。

往々にして、人が人を束縛しようとするとき、自分の自信の無さからやってくるものだと知ってからは
何とか、彼に安心をしてもらおう・自信をつけてもらおうと思うようになっていきました。

しかし、彼は「押し殺すのが嫌い」という理由で
様々なことを私に押し付けてきたのです。
押し殺すのが嫌いな彼の押し付けほど、正直きついことはありませんでした(苦笑)

彼においては、感情を押し殺して欲しいなんて思いませんが
「感情制御」はしてもらえたらとは思っていました。
ある程度、相手の気持ちを踏まえることだったり、自分の気持ちにコントロールが出来る精神だったり。
そういったものって恋愛に限らずとも必要だと思うんです。

しかし彼は最後までそれを理解してくれようとはせず
お互いの話も徐々にかみ合わなくなってしまいました。
そして、私たちの心はそれぞれが別の場所に立ってしまうようになりお別れをすることになったのです。

風俗店は優良店を選ぶ

ビル風俗店のサービス料ははっきりとしていないことがあります。よくあるパターンではお店に払う料金と風俗嬢に払う料金が違うというところもあります。やけに安いお店だなと思っていたら女の子にお金を請求されたというのもよく聞く話です。そのようなシステムをとっているお店では事前にシステムを説明してくれますがただ単純に忘れているということもありますので気を付ける必要があります。
またよく理解できない料金を支払わせられることもあります。風俗界では少々怖い方たちが仕切っていることが非常に多いので揉めたくないものです。そのような理由から仕方なく払ってしまうということも多くありますので風俗店選びは慎重になってください。
基本ホームページを持っておりクチコミ等で優良店であるお店ははっきりと料金を表示してくれていますのでその点は安心です。
人気点の利点として風俗嬢の教育が行き届いています。その教育が満足できる接客、そしてサービスへと変化し満足して帰ることができるのです。教育はお店によって様々です。
きちんと教育を行っているお店であればどの女の子を指名してもそれなりの満足できるサービスを受けることができます。教育が行き届いていないお店とその差が歴然だと言っても良いでしょう。


Subscribe to RSS feed